INFORMATIONご案内

トップページ > 合格実績/合格の声 > 帰国生合格体験記 > 関西学院大学

帰国生合格体験記関西学院大学

自分のペースで頑張ればなんとかなる

  • [氏名] O・M
  • [滞在国(年数)] マレーシア(6年)
  • [学部] 理工学部 人間システム工学科

私は、高校に入学した時から日本での受験を考えていたので、帰国生入試に関する情報収集をしていました。その段階で、志望校もある程度絞り込んでいました。工学部を志望していたので、受験科目となる数学・物理・化学の日本語の参考書を早い段階で手に入れ、受験範囲の確認をしました。そして国際バカロレアのHLは、受験を見据えて数学・物理・化学を選択しました。日本と勉強範囲がやや違うとはいえ、授業で学ぶことが受験にも繋がるため、厳しい国際バカロレアの勉強にも頑張って取り組むことができました。ただ、学期中は学校の課題が多く受験勉強をする時間がなかったため、受験勉強は夏休み中に少し行う程度でした。本格的に受験勉強に取り組み始めたのは、帰国後代ゼミに入ってからです。だから、今受験勉強をする時間がないと悩む必要はありません。帰国してからでも遅くはありません。しかし、帰国生入試に関する情報収集は、早めに行うことをお勧めします。

代ゼミの先生方は、解説が上手でポイントがわかりやすいです。今まで理解できなかったところが、すぐに理解できるようになりました。また、授業によっては、対面授業に出られないことがあっても、後から映像授業を受けることができるので、自分の都合に合わせて勉強を進めることができました。理系は国内受験生と同じ問題を解く大学もあるので、勉強しながらも毎日不安で仕方がありませんでした。しかし、代ゼミの授業に出て、テキストや過去問を解き、地道に努力を続けていれば合格は見えてきます。学校ごとに問題の傾向が違うので、過去問を解きその学校の傾向にあった勉強を効率よく行うことが大事です。自分を信じて頑張ってください!

自分にしかないものを

  • [氏名] O・Y
  • [滞在国(年数)] フランス(3年)
  • [学部] 法学部 政治学科

6月下旬、統一試験の成績は良いとはいえず、受験に対して自信がなく周りの帰国生よりも劣っていると感じ、不安だらけでした。しかし仏語検定を持っていたことを面接や出願書類でアピールできたり、フランスをはじめヨーロッパの政治や文化・生活などの知識と経験を小論文などで上手く活かしたりすることで、少しずつ自信を持てるようになりました。

ここで私がみなさんにおすすめしたいのは、滞在国でその国の言語や政治などに興味を持ち、目を向けることです。受験に必要なものは代ゼミで基礎から応用まで教えてくれます。しかし、滞在国の言語をネイティブの人から学んだり、異なる文化や宗教の人々と関わったりする機会は日本にはほとんどありません。学校の成績や統一試験の点数ももちろん大事ですが、帰国したときに自分しか持っていない経験や資格を持っていることは、自己アピールとして受験に役立つだけでなく、何よりもゆるぎない自信になります。

また、現地の新聞を読むことや、ニュースを見ることもおすすめです。言葉が理解できなくても、「やってみよう」という意欲が、「理解したい」という欲求に変わり、それは言語能力の向上や政治などの知識の習得に必ず繋がります。また、日本では報道されない情報やその国のコメンテーターの見解を聞くことで、より幅広い情報を取得できます。さらに国民性や考え方の違いを知ることができ、日本と比較する材料が増えるため、小論文や面接でも役立ちます。

帰国生受験は甘くはありません。しかし、学校や統一試験の成績が悪いからといって諦めないでください。他の帰国生があまり持っていない資格や知識、そして自分の個性を持って挑めば必ず合格への道は開けます。手厚いサポートを生かし、戦友たちと切磋琢磨しつつ、充実した受験生活を送ってください。

資料請求・お問い合わせ

代々木ゼミナール国際教育センター
E-mail:kikoku@yozemi.ac.jp
【本部校】
TEL:03-3379-5221(代表) 03-3379-6701(直通) /
FAX:03-3379-5773

【大阪南校】
TEL:06-6634-7111(代表) /
FAX:06-6634-5102